トップ

ヤンキースファン新着情報

2014年のニューヨーク・ヤンキース、チケット発売開始

2014年のヤンキース観戦チケットのオンライン予約(外部サイト)

ニューヨークのイベントチケットエージェンシー

ヤンキースの試合

ヤンキースピンストライプマガジンのロゴ

ピンストライプマガジン
ヤンキース試合結果などをお知らせするブログ。ヤンキース毎試合報告

ツイッターロゴ

ヤンキース試合のつぶやき
ヤンキースの試合について実況中継でつぶやいています。フォローする

ヤンキース試合写真集のロゴ

ヤンキース試合写真集(公式サイト)
ヤンキース公式戦の毎試合の様子を写真集で見てみよう!

facebookのロゴ

フェイスブック(ヤンキースファン)
世界中のヤンキースファンの交流場所
掲示板代わりにどうぞ

ヤンキース観戦チケット購入

jpticket.comのロゴ

ヤンキースチケットリスト
完全日本語サポートのヤンキース観戦チケット料金オンラインリスト(手数料込み)。

ヤンキースタジアム内レフトにあるサイン

ヤンキース初めてのファン感想
雰囲気を楽しめればよい!というファンはぜひ読んで見て!

jpticket.comのロゴ

ヤンキースチケットを買う前に
ヤンキース観戦チケットを購入する前に知っておきたい常識。おススメ席の選び方

ヤンキースタジアム内レフトにあるサイン

ヤンキース観戦完全攻略ガイド
ヤンキースタジアムへの行き方から持込禁止物、応援の仕方など

ヤンキースの主軸4選手紹介

アメリカではコアフォー(CORE FOUR) と呼ばれ、90年代半ばにヤンキースのファームシステムから育ってきた生粋のヤンキース選手。90年代後半の黄金時代の中心選手。2009年ワールドシリーズ制覇も彼らが中心となり、そこに松井選手やデーモン選手などが加わったチームワークの勝利でした。しかし2012年の今ではアンディーとポサダが抜け、残るはジーターとマリアノの2人のみ(アンディは3月にマイナー契約し、5月メジャー復活予定)。2012年どんな活躍をしてくれるのでしょうか。

デレク・ジーター
背番号 2
キャプテン
人気実力 No 1
松井の友達
デレクジーターの写真 アンディー・ペティート
背番号 46
ベテラン左腕
2012年なぜか復活!
アンディーペティートの写真
ホーヘー・ポサダ
背番号 20
美しく引退!
お疲れ様でした
ホーヘーポサダの写真 マリアノ・リベラ
背番号 42
球界一のクローザー
エンターサンドマン
先発を見たい!
マリアノリベラの写真

2011年ヤンキーストップ成績

2010年のヤンキーストップ成績

打率
ロビンソン・カノ
.302
ホームラン
カーティス・グランダーソン
41本
打点
カーティス・グランダーソン
119点
得点
カーティス・グランダーソン
136点
ヒット数
ロビンソン・カノ
188本
勝数
C.C.サバシア
19勝
奪三振
C.C.サバシア
230
防御率
C.C.サバシア
3.00
打率
ロビンソン・カノ
.319
ホームラン
マーク・テシェイラ
33本
打点
アレックス・ロドリゲス
125点
得点
マーク・テシェイラ
113点
ヒット数
ロビンソン・カノ
200本
勝数
C.C.サバシア
21勝
奪三振
C.C.サバシア
197
防御率
C.C.サバシア
3.18

ヤンキース2012年シーズンの課題

1. 先発投手陣

AJバネットを放出したとはいえ、エースのCCサバシアを筆頭に、このオフ加入した黒田とピネダ、そして新人ノヴァの4人と復活が期待されるヒューズとベテラン、ガルシアの6人でローテーションを競う2012年は1年前に比べると嬉しい悩みともいえる。5人目のローテーションが誰になるかが1つにポイント。キャンプでのヒューズの調子も良くローテーション入りが各自視される中、シーズン開始直前にピネダが肩の故障で戦線離脱。結局はピネダを除いた5人と他の若手の争いという構図になりそうだ。その他、一度引退したメジャーを代表するエース格のアンディ・ペティートも5月からメジャー復活の可能性があり、少なくとも先発5人中3人が安定した活躍を見せれば面白いことになりそう。もちろん日本のファンにとっては黒田の活躍が気になるが、果たしてヤンキースでどこまで通用するかが見どころ。

2. Aロッド復活なるか

Aロッドことアレックス・ロドリゲスも今は36歳。2007年にMVPを獲得して以来怪我に泣いているAロッドが2012年の今シーズンどこまで活躍できるか。ヤンキースのオフェンスは彼に掛かっているのは間違いない。

3. DH(指名打者)

対サウスポーには再契約したアンドリュ・ジョーンズと、右投手要員には元フィリーズのラウル・イバネスも加入し、打線も深みを増したが、Aロッド、ジーター、そしてテシェイラを休ませる意味で定期的にDHに据える可能性が高いヤンキース打線。今年も固定したDHがいない構図となりそう。松井さんが戻ってくればいいのにと思うのだが。

4. 若手選手の育成

常勝ヤンキースとしては賭けはしにくい。90年代にジーター、ポサダ、アンディ、マリアノの4本柱がファームシステムから上がってきたが、今4人は特別と言ってよかろう。技術面はもちろんスター選手としての風格や素質、運も備えていた。昨年現れたモンテロは守備面で弱さがあり、結局はマリナーズへトレードされた。キャッチャーが試合に多きな役割を果たす野球。今年もヤンキースは若手のモンテロやロマインに任せるよりも、ベテランのラッセル・マーティンを軸にする。若手捕手ロマインの起用と彼の台頭が気になるところ。内野陣ではヌーニエス、外野手ではクリス・ディッカーソンがイチオシということになり、その後にブランドン・ラードやジャスティン・マックスウェルと続く。ジーターに続くショートストップが出てくるのは奇跡だが、いつかは必ずジーターもそのポジションを降りることになる。勝敗はもちろんだが、人気面(商業面)においてヤンキース最大の悩みといえる。

4. 監督の采配

何かとその采配を疑問視されているジョー・ジラルディ監督。特にブルペンの起用方法には注目が集まるだろう。9回にマリアノ・リベラ。8回にデイブ・ロバートソン。7回にはラファエル・ソリアノ。左腕のブーン・ローガンという4人の軸となるブルペンは頼もしい。それだけに彼らの采配次第では90年代後半の黄金時代のように無敵ブルペンとなるか、それとも・・・

ヤンキース2011年シーズンの課題

1. 先発投手陣

ヤンキースにとって今オフ最大の目標だった先発投手陣の強化はクリフ・リー獲得失敗とベテラン左腕アンディ・ペティートの引退で完全に崩れたといってよいだろう。キャンプインした2月14日現時点でのヤンキースの先発ローテーションはエースのCCサバシアと二番手AJバネット、三番手フィル・ヒューズのみ確定。四番手と五番手の候補はイワン・ノヴァとセルジオ・ミトレという未知数にプラスして今オフにマイナー契約したベテラン2人、バルトロ・コロンとフレディ・ガルシアの4人。

2.キャッチャー

長年ヤンキースを支えてきたコア4のうちアンディ・ペティートが引退した。また正捕手として活躍してきたほーへー・ポサダは今年から指名打者に回る。ポサダのバットは期待できてもキャッチングと特にスローイングに不安があったからだ。2011年ついに若手に正捕手の座を譲ることになったポサダ。その後釜は昨年前半戦活躍したフランシスコ・セベリと新人ヘスース・モンテロ(Jesus Montero)という見方も強かったが、ヤンキースとしてもベテランが必要と確信したようでラッセル・マーティン(元ロサンゼルス・ドジャース)を獲得。マーティンを軸に若手2人を起用する形になるだろ。そして、もう一人オースティン・ロマインもポジション争いに加わる。

3.AJバネット

昨年、途中から突然崩れたAJバネット。シーズン開始時には4勝0敗、防御率1.99という好スタートを切ったバネットだったが、6勝2敗、防御率3.28だった6月1日から完全に精彩を欠き、6月はヤンキース史上最悪の月間記録となる0勝5敗、防御率11.35。結局10勝15敗、防御率5.26に終わった。彼の復活はヤンキースの2011年シーズンを大きく左右するし、それはまた新ピッチングコーチのラリー・ロスチャイルドに掛かっている。

4.ブレット・ガードナー

2010年のヤンキースはブレット・ガードナーの活躍によるところが大きい。俊足を生かした打撃と走塁は相手チームに脅威を与えた。その脅威は今までのヤンキースにはなかったもので、デレク・ジーターが年をとる一方でチーム一の俊足で先頭打者の座を獲得。しかし6月27日に手首の負傷。12月7日には手術を行った。2011年、ガードナーが機動力の面でどこまで活躍できるかがポイント。

5.打撃力

37歳のデレク・ジーターが昨年、打率.270と低迷。Aロッドも36歳になるのに加えて怪我の影響もあり、どこまで本当のAロッドとして復活できるかが未知数。マーク・テシェイラもシーズン後半からポストシーズンで怪我に泣かされた。バックアップとしてベテランのエリック・チャべスを加入したとはいえ、ここ数年はやはり怪我でほとんど出場すらしていない状態。ポサダとスイッシャーのバットは期待出来ると仮定しても、主軸3人が自らの役割を果たせるかどうかがヤンキース打線の不安であることは火を見るよりも明らかだ。


ヤンキース2010年オフシーズンの課題

1. デレク・ジーターとマリアノ・リベラ、アンディー・ペティートとの契約更新

過去15年間を支えてきたコア4のうちポサダ以外3人が契約切れとなる今オフ。デレクとマリアノとは何年契約するかがまず問題です。またいくらつぎ込むか。その金額次第で他の補強予算が決まります。そしてデレクの起用法。ショートはそのまま続けるとしても上位打線でいけるのだろうか。。。アンディーは家族の件があるので戻ってくるかどうかが未だ不明。

2. マリアノ・リベラはいつまで健在か?

本人曰くワールドシリーズ終了後に「あと5年やる」と言っていましたが、どうなんでしょうか。いつ引退するかによりクローザー育成が最重要急務となります。

3. 投手力強化

まず先発陣はフィル・ヒューズはこのまますくすく育つと仮定しても、エースのCCサバシアが手術。アンディーの去就も不明。いつの間にか厄介な爆弾になってしまったAJバネットの復活はあるのか?クリフ・リーを獲得できなかった場合のプランBは?
リリーフ陣はもっと苦しいかもしれません。7月のトレード期限にゲットしたウッドが大活躍しましたが、金額が高すぎ契約できず放出。ジョバは太りすぎで切れがなくなったし、ロバートソンも研究されてしまったのかパッとしない。左腕リリーフも必要。課題だらけです。

4. Aロッドは大丈夫か?

ジーターより若いといっても36歳。若いといえるだろうか?確かにホームラン記録は伸ばしていますが、怪我もありスローダウン気味です。

5. キャッチャー

指名打者をポサダにして新しくキャッチャーを補強しないといけません。いずれにしてもセベリ一人では無理ですし。


  • このサイトはMLB(メジャーリーグ機構)やニューヨークヤンキースとは無関係です
  • This site is not associated with MLB or New York Yankees.